免疫療法(ワクチン療法)

ホームへ戻る >  バリアフリーの住宅設計  > 免疫療法(ワクチン療法)

体の免疫システムを利用し、病気を治癒させようとするのが免疫療法です。その免疫療法の1つに、ワクチン療法があります。免疫療法としてのワクチン療法で、ガンを対象にしたものがペプチドワクチン療法と腫瘍抗原ワクチン療法です。患者の体の中に、ワクチンを接種することで、獲得免疫が攻撃を仕掛け、ガンを廃除します。


ペプチドワクチン療法は、標的となるガン細胞の抗原を合成し、摂取して治療します。ガン細胞には、増殖のための特有なタンパク質が含まれています。タンパク質は、アミノ酸からできている、ペプチドで合成されています。ガン細胞のペプチドを、抗原として、免疫細胞の攻撃対象として、免疫細胞に認識させます。ペプチドを合成し、樹状細胞にキャッチさせます。それを獲得免疫に提示し、獲得免疫のT細胞が、同じペプチドを持ったガン細胞に集中攻撃します。

腫瘍抗原ワクチン療法は、合成するのではなく、患者の体内にある腫瘍を取り出し、加工し、接種する方法です。手術などにより、腫瘍を摘出し、処理することでワクチンをつくります。最近では、摘出した腫瘍をそのまま使うのではなく、サイトカインを混合し、強化する方法が取られることもあります。しかしいずれにせよ、患者の体内にある腫瘍を使用するのが前提です。腫瘍抗原ワクチン療法は、今のところ、一般的な治療法ではありません。肝臓ガンや、転移性腎臓ガンなどで臨床試験として行われている段階です。