住宅設計と間取り

ホームへ戻る >  バリアフリーの住宅設計  > 住宅設計と間取り

注文住宅を作るときには間取りのことを考えておく必要があります。設計を始める前にどのような間取りにするか、希望を設計士に伝えなければなりません。一口に間取りと言ってもいろいろなものがあり、簡単に決めるのは難しいでしょう。まずご家族のライフスタイルを見直してから、間取りのことを考えましょう。


例えばお年頃の女性がいるご家庭では、その女性のプライバシーを配慮した間取りが求められるでしょう。小さなお子さんが多いご家庭では家の中で遊べるスペースが必要になるかもしれません。ご家族個人の生活を尊重したライフスタイルだったら、各部屋のスペースをある程度取った間取りが求められます。

ご家族の団らんを重視するなら、リビングやキッチンを広く取った間取りになるでしょう。プライバシーもある程度確保され、家族が集まることが出来るスペースもある家を設計することが理想ですが、予算や土地の広さによってそれは難しいこともあるかもしれません。お子さんがいるご家庭だったら、お子さんも含めて家の間取りについて話し合ってみてください。間取りについてなかなか決められない場合は、希望することを箇条書きにして注文住宅の業者に伝えてみてください。提案力のある業者であれば、希望を形にしてくれるでしょう。


ライフスタイルを考えたら、今度は具体的な環境をもとに間取りを決めます。明るさ、風通し、温度といったものがポイントになります。明るさや風通しを重視した間取りの注文住宅を建てるなら、家の向きや窓の大きさに配慮しなければなりません。