住宅ローンの金利

ホームへ戻る >  自分が購入できる住宅の価格とは  > 住宅ローンの金利

注文住宅など、家を購入する際には住宅ローンを利用される方がほとんどです。住宅ローンを利用せず現金ですべて賄える、予算内に収められるという方は皆無といっても過言ではありません。住宅ローンを利用する際、まず多くの方が悩むのが「固定金利」か「変動金利」かというところではないでしょうか。注文住宅・中古住宅に限った事ではないですが、住宅ローンを利用するのに適しているのはどちらか、とはっきり言うことはできません。どちらにもメリットがありますしデメリットがあります。また、利用する環境や状況によっても変わってくるでしょう。


まず、固定金利とは一体どのようなものなのかというと、借入する際にあらかじめ決められた金利があり、上がったり下がったりしても金利が変わることがないため、毎月一定の額の返済を行っていく方法です。

逆に変動金利というのは、住宅ローンの返済中でも金利が上がったり下がったりすればその状況に合わせて住宅ローンの返済額も毎月変わってしまうことがあります。注文住宅などでは、固定金利でも変動金利でも融資を受けることは可能ですし、予算内で納められて返済できるという確固たる自信があれば変動金利でも構いません。


ただ、予算内であったとしても住宅ローンの返済方法によってトータルで見れば予算をかなりオーバーしているなんてことも考えれれます。金利の情勢を見極めるということはとても大変ではありますが、住宅ローンを利用する際にはとても大切なことであるということを覚えておきましょう。