注文住宅購入のための頭金

ホームへ戻る >  自分が購入できる住宅の価格とは  > 注文住宅購入のための頭金

頭金をどのように用意するのかは人それぞれで変わってきます。多くの方は頭金は現金で、というのが多いのですが、現金でも頭金がたくさんあるのに越したことはありません。予算オーバーしないようにしてけば、頭金がいくら用意できたとしても、住宅ローンを利用しながら滞ることなく返済をしていくことができます。


しかしながら、頭金は今ある手元の現金をすべて使っても良いのか、それともいくらかは残しておかなくてはいけない部分があるのかということもしっかりと把握しておきましょう。手元に残しておくというのは、注文住宅などにかかる諸費用のためではありません。

「万が一」に備えるためのお金です。いざという時のためにとっておきたい金額、すでに何かに使う予定があるというお金を注文住宅などを購入するための予算に充てることは到底できません。


子供のために、家を購入するのと同時に自家用車を購入するという方もたくさんいますので、頭金が多いに越したことはありません。ですが、注文住宅など金額が大きくなってしまう買い物をすると、どうしても予算についておおらかな考え方になってしまう部分が出てきます。ですので、手元に残しておかなくてはいけない、残しておきたい現金は必ず取っておくようにしましょう。安心できる額を取っておいても、誰も文句は言いません。ただし、親からの援助などを受けられる場合は、頭金としてありがたく使わせて頂き、住宅ローンの負担を軽減していきましょう。