自分が購入できる住宅の価格とは

ホームへ戻る > 自分が購入できる住宅の価格とは

注文住宅購入のための頭金
住宅ローンの金利
持ち家を手放さないために
注文住宅の見積が予算オーバーをしてしまったら
注文住宅の予算内訳

「自分の家が欲しい」「持ち家をいずれは持ちたい」とお考えの方も多いと思いますが、自分の家を建てるのに自分の収入からはどのくらいの予算で家を建てることができるのか、とても気になるところではないでしょうか。


注文住宅に限らず家を購入するということは、住宅ローンを利用したり頭金を用意したりとお金にまつわる悩みごとが多くなります。無理をすればいつかは家を手放さなくてはいけなくなってしまう可能性もありますし、注文住宅に至っては自分の希望や条件を詰め込むことができますので、予算オーバーしやすいと言えます。

しかしながら、住宅ローンを利用することで持ち家を持つことができる方も多いですから、諦めることはありません。まず、自分たちがいくら頭金を用意することができるのか、また住宅ローンもいくらまでなら融資してもらうことができるのか確認をしておきましょう。


仮に頭金と借入を併せて3,000円まで借りられたとします。この時、この3,000万円をすべて注文住宅や家を建てるのに使ってはいけません。なぜなら、諸費用が発生するからでです。諸費用というのはいろいろとありますが、ローンを利用するための費用、カーテンや家具、家電製品を揃えるための費用、引越しにかかる費用、あいさつ回りのための費用などが主となります。これらも予算の中で賄えるようにしていかなくてはいけませんので、住宅を購入するのにどのくらいの諸費用が発生してくるのかも忘れずにチェックしておくことが大切です。