遺伝する歯並び

ホームへ戻る >  歯の矯正の費用  > 遺伝する歯並び

遺伝によって親から子に伝えられるものは数多くありますが、良いところばかりが伝わるわけではありません。歯並びなども遺伝する要素が高く、親が矯正治療を必要とするような状態だった場合、子供にもその要素が伝わる確率は高くなります。顔かたちが伝わるようにその人の特徴的な要素は遺伝子情報に組み込まれているのです。


たとえば、歯の形、質、顎の形、顔の特徴などは子供を見れば親がわかると言われるほど特徴が伝わます。このことから、親が歯並びが悪いと、子供にも悪くなる要素は伝わってしまうともいえます。親子二代で歯列矯正のリスクを背負わないためには親が正しい知識を持って子供にケアをするだけでかなりの確率で良い歯並びを作ることができるのです。

成長段階で歯並びが悪くなることを阻止することは可能です。たとえば指しゃぶりの期間が長いと上下の噛みあわせが悪い開咬という状態になりやすいという統計があります。このことから指しゃぶりは早い段階でやめるように躾をするとよいのです。また、乳歯の段階で虫歯を作らないということも大切なポイントです。


虫歯になった乳歯が欠落してしまうと、そのスペースに歯が移動するという習性があります。そのため、永久歯が正しい位置に生えることができなくなってしまい、その結果歯並びが凸凹になってしまうのです。遺伝では悪い歯並びがダイレクトに伝わるというよりは要素が伝わるだけなのです。歯列矯正が必要な状態になるかどうかは子供の頃のケア次第とも言えるのです。