審美歯科の料金の相場について

ホームへ戻る >  妊婦の歯磨き指導  > 審美歯科の料金の相場について

保険適用で受けられる歯医者の治療は患者の歯の状態によって差が出るものの、原則としてどこで受けても同じ料金となります。しかし審美歯科の場合は行われている治療の大半が自費診療。歯医者が独自に治療内容と料金を設定しています。そのため、選ぶ際には治療の種類ごとに相場を把握した上で高いか低いかを判断することも重要になってきます。


では審美歯科の代表的な治療の料金の相場を見てみましょう。まずセラミックのクラウン。見栄えのよさから人気のあるセラミックのクラウンは1本3万~5万程度が相場です。価格の違いはクリニックごとの差だけでなく、セラミックの質や保障の内容によっても異なってきます。

それから無痛治療。これは一般の歯医者でも導入が進んでいますが、虫歯治療の際に痛みを感じずに受けられる特別な方法です。代表的な例では静脈内鎮静法。あらかじめ静脈内に鎮静薬を注入することで麻酔の痛みや治療の恐怖心を和らげることができる方法です。


この方法はどの治療に使用するかによって保険が適用されるかどうかが決まってきます。簡単に言えば審美的な治療では適用されず、虫歯の治療では適用されるのです。保険適用なら3000円程度が相場となります。ラミネートベニアも審美歯科で行われる代表的な治療です。もちろん健康保険は適用されず全額負担。相場としては1本に5万~15万円程度です。これはどこまで審美的にこだわるかによってかなり差が出てきます。


こうして見ても審美歯科は一般の歯医者の治療に比べてかなり高い料金がかかることがわかります。元がとれるかどうかもよく検討したうえで判断するとよいのではないでしょうか。