歯医者で痛くなく治療してもらうコツ

ホームへ戻る >  妊婦の歯磨き指導  > 歯医者で痛くなく治療してもらうコツ

重症化した虫歯歯医者において、痛くない治療をしてもらうコツはあるのでしょうか?歯医者が苦手という方は多いですが、その理由の多くが「痛いこと」ではないでしょうか。虫歯は絶対に治療しなくては治らない、というのは誰もが知っていることですが、治療で痛い思いをするのが嫌で、ついつい先延ばしにしてしまう方は少なくありません。


ですが、後回しにすればするほど虫歯は重症化し、ひどいときには神経を抜かなくてはいけないことになってしまいます。なるべく早くに、治療するためを考えると、痛みへの恐怖を克服するのは大切なことですね。ここでは、歯医者で痛くなく治療してもらうコツを紹介しましょう。

まずは、「痛みが苦手」ということをはっきりと伝えておくことです。少しの治療の場合、麻酔を使わずに治療するところは多いです。麻酔をすることによって、しばらくの時間不自由を感じる方もいらっしゃるからです。それでも、なるべく痛みを抑えたい場合は、軽い治療であっても麻酔をしてもらうのが正解。それによって恐怖感がなくなるというのもメリットでしょう。次に、麻酔すら痛いという場合(針を刺すので、当然ともいえますが)。そんなときは、表面麻酔を利用してもらったり、細い針で麻酔をしてもらうなど、歯医者によっては工夫してくれるところもあります。どんな方法が取れるのか、まずは聞いてみると良いでしょう。


歯医者にきちんと通い続けるためには、痛みを怖がっていてはいけません。コツを身に着けて、しっかりと克服しておくことをおすすめします。